[パラジェル] ~サンディング不要のジェルネイル~

この夏、マハロ 四季の森フォレオ店は、より爪に優しいジェルネイル施術のためにノンサンディングジェル「パラジェル paragel」を導入しました。
 
健康な爪で長くジェルネイルを楽しめる「パラジェル」の特長をご紹介します。
[singlepic id=92 w=640 h=480 float=]
従来のジェルは、爪の表面に傷をつけてザラザラにすること(サンディング)で、爪とジェルの接する部分の表面積を多くすることにより、爪に定着させていました。
 
マハロでは、もともとこの”サンディング”が少なくても定着しやすい高品質なジェルを選んで使用してきましたので、健康で厚みのある爪の場合には、必要最低限のサンディングで済み、持ちもよく、ジェルネイルを長く楽しんで頂くことができます。
 
一方で、薄く傷んでいる爪の場合は、ジェルが浮きやすいためサンディングを多くせざるをえません。
かといってサンディングを追加しすぎると、さらに爪が薄くなってしまったり、爪と密着し過ぎるためにオフする際にダメージを受けてしまう、というジレンマに悩まされてきました。
 
3週間程度はしっかり持ち、オフするときにはペラっと外れる適切なサンディングの量を見極めるのはとても難しく、長く時間のかかることでしたので、ジェルネイルをあきらめてしまったり、定期的にお休みする期間を取る方もいらっしゃいました。
 
今回新規導入したパラジェルは、ジェルを爪にしみ込ませるのではなく、吸盤の様に密着させるためサンディングを全く必要としません。
爪の生え替わり周期である3ヶ月程度で、ジェルネイルを楽しみながら、傷んだ状態から健康な爪に生まれ変わります。
強く美しい爪でもっとジェルネイルを楽しみたい方、是非マハロのパラジェルをお試しください。